ふるさと納税の思わぬ効果

ふるさと納税って、やったほうが良さそうだけど一昨年まではちょっと面倒でやっていませんでしたが、税理士の先生に強く勧められて昨年末に始めました。(意外と手続きは簡単でした!)

私の場合、母も近所に住んでいて、どこか田舎から農作物が送られてくることもないので、返礼品として2か月に1回、季節の野菜や果物・お米などが届く、長崎県雲仙市にふるさと納税をすることに決めたんです。

届いたものはどれも美味しくて、楽しみにしています!

でも今回の大雨・・・毎日テレビで流れる被災地の中に雲仙市が出てきました。いつもおいしものを送っていただいているのでとても心配でした。農家の方は被害を受けていないのかな・・・今月は届かないかもな・・・仕方ないな・・・なんて。でも

おととい、届いたんです!

豊水(ほうすい)っていう梨が14個!!

梨はもちろん嬉しいのですが、ちゃんと収穫して送ることができた農家もあるんだなと。

よかったー^^

勝手に自分の故郷のような気分になっています。そういう田舎のない人にとっては、とてもいい制度だと感じました。豊水っていう名前のとおり、みずみずしくてさっぱりした上品な甘さの梨でした!でも今回は

それだけではなかったんです!

今朝母に、『たくさんあるから、日頃お世話になってる近所の人に配ってもいいよ!』というと『近所のKさんにもっていくわ!』と母は喜んで2個持って帰りました。私の母は熊本出身で、大阪で暮らしていたのですが、私が二人目の子供を産んだ時に私の住む宝塚に来てもらったんです。なので少しでも多く近所に友達ができたらいいなと思っています。しばらくすると、母からLINEが・・・

『Kさんの田舎、雲仙やねんて!びっくりしたわ!』

私もびっくりです(笑)。もう兄弟もいなくて、たまにお墓参りに行くくらいだそうですが、すごく喜んでいただいたようです。なんとなくおいしものが食べたくて選んだ雲仙市のふるさと納税ですが、それがきっかけで雲仙市のことが気になったり、雲仙市出身のKさんに喜んでいただき、母もKさんとさらに仲良くなれそうだし・・・。本当にはじめてみてよかったなと思います。毎回たくさん届くのでこれからはKさんにもお届けしようと思います。

ふるさと納税・・・おすすめですよ!

関連記事

  1. ピグマリオン効果

  2. 『与える』ことは『いただく』こと

  3. 割れ窓理論

  4. 毎朝死ぬ!

  5. 『正』という漢字

  6. 脳をだます!