脳をだます!

ある方のセミナーでの出来事です。

『今から、360 度見渡して、10秒間で赤いものがいくつあるか探してください。』 みなさん、講師の意図もわからず素直に探します。

『・・・10 秒経ちました。青いものはいくつありましたか?』 え~!!赤って言ったのに何で青なの~!?

ざわつくのも当然です。(これって講師の作戦だなきっと!)と思う私。

これは 脳の仕組みを実感するテストでした。 脳は興味のある情報しか探さないのだそうです。だから、赤と言われたら赤の情報しか脳に入ってこないのです。目では青も黄色も見ているはずですが。

これを日常に当てはめたとき、日頃『できない』『足りない』『難しい』って思っていると『できない理由』『足りない理由』『難しい理由』を脳は探してしまうのだそうです。 そして、どうせ無理、時間が足りない、勉強しても仕方がない・・・と、行動停止。

そこで、脳をだますのだそうです。

声に出して『うまくいく』『できる』と言っているとうまくいく方法を考えたくなり、できる行動をしようとするのだそうです。

声を出して耳から脳に入れるのが効き目あるみたい。

私は、結構単純なのでこんなおもしろそうなことはすぐに実践します。 実際に実践してもうまくいかないことも当然あるのですが、不思議と『今回は仕方ない な~ ハイ!次がんばろうっ!』って思えて引きずらないような気がします。

他の人の脳や心はコントロールできませんが、自分の脳はうまくコントロールして、 毎日前向きに過ごしていけるといいですね(*^O^*) そのうち脳をだまさなくても前向き思考の脳になってくれるようです♪

脳って死ぬまでバージョンアップできるみたいですよ!すごい!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 一軍と二軍の違い

  2. 深み

  3. 正常性バイアス

  4. コントリビューションの精神

  5. これからの情報発信

  6. 本当は焼き肉店をやりたかったとんかつ店の話