心・技・体

スポーツ等、何かに打ち込まれていた方は、よく目にしたり人に言われたりしたので

はないでしょうか。私の息子達もしょっちゅう監督に言われていました。

心がないと体を鍛えてもダメだ・・・とか、まず体を作らないと技も使えない・・・ とか、技術(知識)がないと勝てない・・・とか。正直なところ私はどれが一番大切なの かはわかりません。でも・・・できれば、よくばりなので全部手に入れたい!(笑)

それぞれを見てみると

心→メンタルトレーニング
技→テクニカルトレーニング
体→フィジカルトレーニング

それぞれトレーニング方法があります。

仕事でいう『技』は、資格を取ったりセミナーに参加したり、知識を増やしたり幅を広げたりするイメージ。『体』は、規則正しい生活をしたり、スポーツクラブで汗を流 したり、筋トレ・ウォーキング等体を鍛えるイメージ。この2つはみなさんも意識して いらっしゃるのではないでしょうか。

でも『心』って意識してトレーニングしていますか?『心』って目に見えないから、 どうすれがいいかわからない・・・と思いませんか?

さっそく、調べてみました(*^O^*)

公立中学の陸上部を 7 年で 13 回も日本一にした原田先生がおっしゃっています。

気が向いた時だけトイレ掃除をするとか、気づいた時だけ靴を揃えるではなく、主体的に意図的に時間を作って、その行動に心と体を向けることが心のトレーニングになると。

『ちょっとした行動の継続』が重要

なのだそうです。

ちょっと面倒だけれど、毎日数分でできることにするのがいいみたい。会社についたら、まずデスク周りを拭くとか、 そんなことからはじめてみませんか。何か達成したい夢や目標ができたとき、そのため に何があってもあきらめずにコツコツやり続けられる『心』の強さが手に入るそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. ハラスメントの正体

  2. 割れ窓理論

  3. シェア

  4. 時間の使い方

  5. あなたは運がいいですか?

  6. セルフ・コンパッション