これからの情報発信

先日、テレビを見ていると小学生のスマホ利用率っていうのをやっていました。どのくらいだともいますか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

答えは約80%弱!

うちの子たちが小学生のころ(約10年前)は、まだ携帯電話(ガラケー)自体を持 たせるかどうかで PTA で議論したり、説明会があったりしていました。ふたりとも中学生の終わりくらいにやっと持たせました。それもこちらからたくさん条件を付けたのを覚えています。(リビング以外では使用しないとかテスト前は触らない、見られて困ることは書かないでほしいから基本ロックはかけないなどなど・・・)

いまの子たちの情報源は、LINE やフェイスブックなどの SNS、YouTube などがほとんどだそうです。電話でしゃべったり、紙媒体を読んだりはかなり少ないようです。

不動産業界も賃貸に関しては一部の仲介業者で法人相手の重要事項説明は対面でなくてもよくなり、電話で行えるようになりました。

投資物件を扱うサイトも数多くあり、情報であふれています。内覧しなくても内部が動画公開されていて、営業の仕事が取られていくようでちょっとさびしい気分です。

私は相変わらずのアナログスタイルで、毎回手書きで宛名を書いて紙の資料をお送りしたりもしています。

もちろん手間はかかるのですが、毎回書くのでお客様の名前はほぼフルネ ームで覚えています。メールや FAX が苦手な方も多いので、今のところメールで一斉送信して情報を流すことは考えていません。(しかしメールのほうがいい方は対応しますのでおっしゃってください)

メールや FAX の苦手な方は、ほぼ毎回お電話くださいます。興味のある物件がなく ても「門脇さん、今回はええのなかったわ~」って。そして世間話いろいろ・・・

私自身も仕事柄、ちょっと落ち込むことなどもたまにはあるんです。でもそんなとき に「門脇さん、いつもありがとう。元気にしてるか~」ってお電話いただくと「もちろ ん元気です!」って、すぐに元気になるんですよ。

そんなお客様といいお仕事ができるようこれからもがんばります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. セルフ・コンパッション

  2. 陽転思考(ようてんしこう)

  3. 毎朝死ぬ!

  4. A型とB型

  5. 勉強の一番の成果とは・・・

  6. 時間の使い方